千畳敷

千畳敷

浸食によって形成された平坦な岩礁で、畳千枚にも値するような広さであることから「千畳敷」と呼ばれるようになった。潮がひいている時間帯には歩いて行くことができる。