鷹ん巣(たかんす)がんぎ

椛島の海岸

海にそびえる絶壁の間に、急な階段状になっているのが鷹ん巣がんぎです。がんぎは階段のことで、弘法大師が杖をついて上ったという説もあります。階段状の岩は海中まで伸びています。上の方は風雨による浸食で階段の形が崩れ、傾斜もきついので実際に人の足で上ることはできません。