隠岐諸島エリア

隠岐国分寺蓮華会舞

島後(島根県)

隠岐国分寺蓮華会舞

【開催期間】例年4月21日

平安時代から地元住民により伝承されてきた貴重な芸能で、昭和52年(1977)に国指定重要無形民俗文化財に指定されました。毎年4月21日、後醍醐天皇の行在所跡である隠岐国分寺本堂前の特設舞台で奉納公演が行われています。舞はもともと十数番あったそうですが、今は「麦焼舞」「眠り仏」「獅子舞」「貴徳山神」「竜王」「太平楽」「仏舞」の七演目を伝えています。楽器は蟯(とう)、笛、饒鉢(にようはち)を用い、太平楽以外はそれぞれの仮面が使用されます。華やかに、かつ荘厳に演じられる舞を堪能してみてはいかがでしょうか。

※コロナウイルス感染拡大防止のため、中止や延期、縮小による開催内容の変更などが生じる場合があります。おでかけの際は、各自治体や観光協会等へ最新情報をお問合せください。