種子島エリア

種子島宝満神社の御田植祭

種子島(鹿児島県)

宝満神社の御田植祭

【開催期間】例年4月3日

海宮から五穀の種子を持参し種子島に蒔いたと伝わる玉依姫を祭る宝満神社で、例年4月3日に行われる農耕行事です。御田の森(おたのもり)での神事や、女人禁制のオセマチ(神田)で太鼓や田植歌に合わせての御田植、舟田とよばれる舟形の田での御田植舞の奉納などが行われます。最後に直会(なおらい)があり、前年に収穫した赤米のおにぎりなどが振る舞われますが、食べると1年間無病息災で過ごせるといわれています。2016年に国の無形民俗文化財に指定されました。

※コロナウイルス感染拡大防止のため、中止や延期、縮小による開催内容の変更などが生じる場合があります。おでかけの際は、各自治体や観光協会等へ最新情報をお問合せください。