隠岐諸島エリア

皆一踊り

知夫里島(島根県)

【開催期間】旧暦8月15日

隠岐・知夫村にあり、通称・一宮神社として親しまれる「天佐志比古命(あまさしひこのみこと)神社で行われる伝統行事。島に伝わる素朴な踊りで、中央にどう打ちがいて、どうの音に合わせて謡いながら扇子1本を持って踊ります。確かな起源は伝わっていませんが、鎌倉時代の正治2年(1200)ごろに雨乞いや豊作祈願の行事として始まったといわれています。戦後いったん途絶えましたが昭和40代に復活。村の無形民俗文化財に指定されています。

※祭り・イベントは中止や延期、縮小による開催内容の変更などが生じる場合があります。おでかけの際は、各自治体や観光協会等へ最新情報をお問合せください。