対馬エリア

厳原八幡宮大祭

対馬(長崎県)

【開催期間】旧暦の8月15日

創建から1340年以上という歴史ある厳原八幡宮神社の大祭。「命婦の舞」の奉納や神幸式が行われます。「命婦の舞」は中世に起源をもつという、対馬に伝わる巫女神楽で、国の無形民俗文化財です。神幸式では郷土の発展と氏子衆の繁栄を願い、宮司や氏子らが長い行列を作って3体の神輿とともに厳原港を目指して練り歩きます。清水山の麓に鎮座し、普段は静かな八幡宮もお祭りの日になると境内に出店が並び、多くの参拝客で賑わいます。

※コロナウイルス感染拡大防止のため、中止や延期、縮小による開催内容の変更などが生じる場合があります。おでかけの際は、各自治体や観光協会等へ最新情報をお問合せください。