三島エリア

八朔踊り(竹島)

竹島(鹿児島県)

【開催期間】2021年8月30日

例年8月30日に竹島で開催される「竹島八朔踊り」は、鉦(かね)打ち1人と小太鼓を胸に背負った15人の踊り手が、豊穣・病魔退散を願って踊りを舞う伝統芸能です。祭りには、高さ1m以上にもなる大きく色彩豊かな仮面を被った、竹島特有の仮面神「タカメン」が現れ、太鼓踊りについて回り、女性や子どもたちを追いかけ回して賑やかに開催されていました。近年では、踊り手や鉦打ちの高齢化や過疎化が進み、竹島八朔踊りやタカメンは、島民の口から語られるのみとなっています。

※コロナウイルス感染拡大防止のため、中止や延期、縮小による開催内容の変更などが生じる場合があります。おでかけの際は、各自治体や観光協会等へ最新情報をお問合せください。