吐噶喇列島エリア

ボゼ祭り

悪石島(鹿児島県)

【開催期間】旧暦の7月16日(2021年は8月23日)

ボゼという来訪神が、お盆の最終日にあたる旧暦の7月16日に現れ、悪霊や村人の穢れを払ってくれるという伝統行事です。「悪石島のボゼ」として2019年、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の無形文化遺産に登録されました。大きな耳と目と口、長い鼻を携えた珍妙な仮面を被り、ビロウの葉で身体を覆った南方系の出で立ちのボゼに3人の若者が扮し、赤土をつけたボゼマラとよばれる長い棒で女性や子供を追いかけ回します。この土を付けられると御利益があるとされ、死霊臭が漂う盆から日常に引き戻す役目を担うともいわれています。

※コロナウイルス感染拡大防止のため、中止や延期、縮小による開催内容の変更などが生じる場合があります。おでかけの際は、各自治体や観光協会等へ最新情報をお問合せください。