鹿児島県屋久島エリア

九州最高峰の宮之浦岳を中心に山々が島を成す山岳島であり、湿潤な気候下で多雨に恵まれ多様な植生を見ることができます。そんな自然環境と悠久の時の中で育まれてきたのが屋久島の代名詞ともいえる、縄文杉や苔むす森。山や老齢の木々が蓄えた雨水は数多くの滝を生み、清流がたどり着く海は美しく、その特異かつ心洗われる景観は、訪れる人を魅了してやみません。屋久島の西方に位置する火山島・口永良部島にはいくつもの温泉が湧き出ていて、秘湯マニア垂涎のスポットです。

Index

Island List

Information

このエリアの魅力

一千年以上の時を生きる屋久杉と白谷雲水峡に代表される水と緑の森

屋久島といえば世界最古で最大級ともいわれる縄文杉。樹齢は2170年とも7200年ともいわれ、静寂のなかで悠久の時を語り聳える老巨木の圧倒的な存在感は、国籍問わず多くの人を魅了し続けています。また、原生林のなかに美しい清流が煌めき、多様な苔が緑の絨毯のように広がる白谷雲水峡は、映画「もののけ姫」のイメージモデルにもなったとされる人気スポット。屋久島にはほかにも特有の自然環境に触れられる遊歩道やトレッキングコースが多数あります。

巨大な滝や海辺に湧く温泉などワイルドな絶景

年間4000~1万mmと降水量の多い屋久島には多くの滝が見られます。なかでも日本の滝100選の一つである大川の滝は、屋久島のなかでも水量・規模ともに最大。高さ88mの断崖からしぶきを上げ落下するさまは圧巻です。また、屋久島は温泉も自慢。海岸沿いに温泉施設や温泉宿が点在しています。なかでも名物となっているのが海の中から湧き出す湯を楽しめる平内海中温泉。1日2回、干潮の前後2時間のみ入浴可能となっています。

ダイビングも魅力!ウミガメが訪れる亜熱帯の海

縄文杉や白谷雲水峡などが注目されがちな屋久島ですが、海の美しさと楽しさも見逃せません。その青く澄んだ美しさは世界自然遺産の島・屋久島ならでは。沿岸に数々あるダイビングスポットでは色も姿かたちもさまざまな魚たちに出合え、ウミガメと一緒に泳げることも。そんな屋久島の海を愛し魅力を伝えたいと盛り上げるダイビングショップも島内に充実しており、道具のレンタルや初心者でも安心して楽しめるダイビングメニューなどが用意されています。

モデルプラン

縄文杉を目指すしっかりトレッキング2泊3日プラン

縄文杉は島の中心部付近にあり、登山スタート地点・荒川登山口から片道約11㎞、往復約10時間の長丁場。かつては伐採した屋久杉の運搬用に使われていたトロッコ軌道や険しい山道を進みます。ある程度体力をつけ、本格的な登山の装備を整えて出かけましょう。道中は三代杉や大王杉といった巨木や、切り株の穴がハート型に見えるウィルソン株など見どころはいっぱい。縄文杉を見て達成感を味わった翌日は、温泉で登山の疲れを癒し、ヤクシカ料理など島のグルメを満喫しましょう。

絶景スポットを巡る島一周ドライブ1泊2日プラン

自然の宝庫・屋久島には数多くの絶景スポットが点在。島をぐるりと囲むように周遊道路が整備されているので、景勝地巡りを楽しむのもおすすめです。青空に映える白亜の屋久島灯台、荒々しい岩肌が印象的なモッチョム岳、遠くに口永良部島の島影を望む永田浜など枚挙にいとまがありません。ちょっぴり登山の雰囲気を味わいたいならヤクスギランドへ。屋久杉の巨木と清流に出合える自然休養林で、体力や興味に合わせた5つの散策コースが用意されています。

このエリアの島動画

主なアクセス

東京から、乗継便で屋久島空港へ

  • 1JAL/羽田-鹿児島-屋久島2時間40分/1日約4~5便(乗り継ぎ時間含まず)
  •   ※伊丹や福岡経由の乗継便もある

大阪から屋久島空港へ

  • 2JAL/伊丹-屋久島1時間50分/1日1便

鹿児島空港から屋久島空港へ

  • 3JAL/鹿児島-屋久島40分/1日4~5便
時刻表など詳細:

JAL公式サイト

鹿児島港から屋久島へ

  • 4高速船トッピー・ロケット/鹿児島港(本港南埠頭)~宮之浦港約2時間(種子島経由の便は約3時間)/1日約4~6便
  • 5高速船トッピー・ロケット/鹿児島港(本港南埠頭)~安房港約2時間30~45分(種子島経由)/1日約2~4便
時刻表など詳細:

高速船トッピー・ロケット 種子屋久高速船株式会社

  • 6フェリー屋久島2/鹿児島港(本港南埠頭)~宮之浦港4時間/1日1便
時刻表など詳細:

折田汽船株式会社

  • 7フェリーはいびすかす/鹿児島港(谷山港)~宮之浦港13時間/1日1便
時刻表など詳細:

鹿商海運株式会社

屋久島から口永良部島へ

  • 8フェリー太陽/屋久島宮之浦港~口永良部港約1時間35分/1日1便
時刻表など詳細:

屋久島町公式サイト

※航空便、船便は季節により変動・運休する場合があります。

旅のヒント

屋久島へは飛行機・高速船・フェリーで、口永良部島へはフェリーで

運賃や移動時間はもちろん、到着時間も飛行機は遅め、フェリーは早朝到着…と異なります。旅のプランに合わせて交通手段を選びましょう。口永良部島まで足を延ばすなら、1日1便宮之浦港からフェリーが運航しています。偶数日と奇数日で出港時刻が異なるので注意しましょう。

屋久島公認ガイドと一緒により楽しく、安全に

屋久島の雄大な自然をより一層楽しむには、屋久島公認ガイドと一緒にアクティビティに臨みましょう。屋久島公認ガイドとは、ガイドに必要な資格を有し、町の公認を受けたガイドのこと。屋久島の自然・文化・穴場スポット等の情報はもちろん、万が一の際の救急救命スキルなども持ち合わせた頼りになる存在です。

登山用品はレンタルもできる

現地には登山用品のレンタル店もあります。トレッキングシューズやレインウェアのほか、ザックやストック、冬場の早朝出発時に重宝するライトなどの登山用品が揃っています。必要なものは事前に予約して利用しましょう。