日本の国境に行こう!!

文字サイズ:
[小]
[中]
[大]

利尻町ウニ種苗生産センター

2019年9月30日

利尻島

見る

利尻島の沿岸で獲れるウニの数は浮き沈みしながら減少しており、なかでもエゾバフンウニは激減しています。利尻町ウニ種苗生産センターでは利尻島の重要な磯根資源であるウニを増やすため、人工授精でエゾバフンウニの赤ちゃんを誕生させています。海の害敵から身を守れる大きさになるまで育て、毎年およそ400万粒ものウニの子どもを沿岸の海へ放流。センター内の一部は一般公開されており、赤ちゃんウニや大人のウニのほか、利尻島沿岸に生息する海の生き物を間近で観察することが出来ます。

人気の記事